■2014年4月の書き込み
書き込み数は48件です。 [ 1 2 3 4 5 ]
2014年04月30日(水) 
一般的信頼と情報依存的信頼

 「SNSは信頼できるか?」と問いかけると、どのような回答が返ってくるだろう。この設問には「SNSという場の信頼性」と「コミュニケーションする相手の信頼性」というふたつの回答肢が混在している。すでによく知っている仲であれば、相手の信頼性が場によって受ける影響は小さいが、相手のことがまったくわからなくて判断材料がない場合には、場の信頼性がデフォルト値となる。山岸俊男(北海道大学文学部行動システム科学講座教授)はこれを「一般的信頼(general trust)」と呼び、特定の相手についての情報にもとづく「情報依存的信頼(informatio

閲覧数1007 カテゴリ読み物 コメント0 投稿日時2014/04/30 05:58
公開範囲外部公開
2014年04月29日(火) 

たまに目茶苦茶仕事のできる人に出会ったりすることがある。他人が束になっても数日はかかりそうな難問を、数時間でいとも簡単に解決してしまうような人物だ。別に彼だけが一日72時間与えられているわけでもない。彼のタイピングの腕がここ数十年間世界一を誇っているわけでもない。仕事のことで頭が一杯かと言えば、どちらかというと雑学の方が豊富だったりする。仕事一筋なんてタイプではなく、人一倍付き合いがいい。それでいて仕事ができる、スーパーマンのような存在だ。

彼にあって他人に欠けているものがあるとすると、それは「人脈」だろう。彼が「何」を知ってい

閲覧数1395 カテゴリ読み物 コメント2 投稿日時2014/04/29 07:35
公開範囲外部公開
2014年04月28日(月) 

ソーシャルネットワーキング・サービスの特徴のひとつは、自分の知人や友人を直接招いて仲間に入れる「招待制」にある。嫌いな人や知らない相手を招くことはないので、自分の認知ネットワーク(見える人脈)の中でも良い関係の人物が参加することとなる。「友達の友達は安心できる(かも)」というおぼろげな信頼感が、SNSの中のコミュニケーションを支えている。

もちろん信頼できない中のコミュニケーションもありえないわけではない。インターネットの中だけでなく、現実社会も随分と殺伐としてきつつあるが、いつも緊張して周囲を警戒していなくてはならない環境は、や

閲覧数1472 カテゴリ地域SNS コメント4 投稿日時2014/04/28 06:40
公開範囲外部公開
2014年04月27日(日) 
2006年10月、地域SNS「ひょこむ」がスタートして1ヶ月を過ぎた頃の日記で、管理者がグチをこぼしていました(笑)。
最初は「管理者承認」しかなかったので、このあと現在の「招待者承認」を組み込んだ経緯があります。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
102人の仲間でスタートした地域活動支援型コミュニティSNS「ひょこむ」。
プレオープン1ヶ月でそのメンバー数は3.5倍の353人に。
「なんという立ち上がり」と驚いていたら、その後3日間で100人増。
想定外の賑わいに嬉しい悲鳴...だったらいいのですが...。

「ひょこむ」が大切にしたい『信

閲覧数1533 カテゴリ地域SNS コメント1 投稿日時2014/04/27 05:11
公開範囲外部公開
2014年04月26日(土) 
 「世間は狭いね」という言葉を使ったことがない人は少ないはず。偶然に人のつながりを実感したときの驚きを表すこの言葉をネットワーク理論にしたものが「スモールワールド」現象です。米国の社会心理学者スタンリー・ミルグラムが1967年に発表した『The small world problem』という論文には、その後にあちこちで引用されている「6次の隔たり(Six Degrees of Separation)」という有名な実験が含まれていました。この実験は「人間同士は何人を介してに結ばれているのだろう」という関係を明らかにしようとしたもので、ミルグラムは距離の離れた相手に何人の仲介者を通して手紙が届

閲覧数7647 カテゴリ地域SNS コメント0 投稿日時2014/04/26 04:16
公開範囲外部公開
2014年04月25日(金) 
協働とは、「複数の主体が、目標を共有し、ともに力を合わせて活動すること」
表向きはそうです。しかし、わたしはその状態に至るまでに、『協働』を深化させるとっても大切なプロセスが存在すると思います。

単に「目的を共有」して利用し合うのではなく、相互に信頼しあいビジョンを共有する関係づくりをすること。「志をおなじくする」というつながりを活動の中で実感し高め合うというのが、(日本人の)コラボレーション。協働のアクションが次の協働プロジェクトを生みだし、信頼が相互の関係性を深めたり、新たな信頼関係を広げる効果をもたらす。

この関係性を「共

閲覧数1683 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2014/04/25 06:22
公開範囲外部公開
2014年04月25日(金) 
小保方博士のSTAP細胞論文不正問題で、理化学研究所の調査委員長を務める石井俊輔・理研上席研究員らが執筆した論文に対して、インターネット上で疑義が指摘され、石井氏が委員長を辞任する意向を明らかにしたらしい。調査を担当するリーダーが同じ疑惑を抱えていたなんてまるで三流喜劇です。

この論文は乳がんを抑制するタンパク質に関するもので、平成20年に理研などのチームが英学術誌に発表。石井氏が責任著者の一人になっています。遺伝子を調べる実験結果の画像の一部を入れ替えた改竄ではないかとの指摘が出ていました。

STAP論文をめぐっては、調査委

閲覧数1359 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2014/04/25 05:47
公開範囲外部公開
2014年04月24日(木) 
1998年夏、当時の通産省が民間主導の情報化による地域づくり事業のために最大1億円の補助を行うというニュースを、兵庫県職員の友人から教えてもらい、暑い中、大阪天満橋のドーンセンターに説明会を聞きに行った。前年の1997年11月に連携方式としては日本初となるネットデイを、姫路・神戸・伊丹・ハワイで実施したものの、自分が期待していた波及効果が生まれなかったので、本格的にプログラムを展開するチャンスを狙っていた。

「任意団体でも補助の対象になる」
300人以上が参加する説明会で、話しを聞けば聞くほど、自分たちの活動のために作られた補助事業であるように聞

閲覧数613 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/04/24 06:39
公開範囲外部公開
2014年04月23日(水) 
【開催日】2014年04月30日(水)
【時間】9:00-10:30
【開催場所】関西学院大学神戸三田キャンパスⅡ号館304教室(兵庫県三田市学園2−1)

普段から参観歓迎の授業ですが、4月30日(水)は恒例の公開授業とします。今年は中抜け連休になっていますので、なかなかご参加は難しいかと思いますが、多くの社会人の方々のご来学をお待ちしています。

公開する授業は第4講「インターネットとサイバー社会」です。教育の情報化と地域のつながりの再生を狙って展開された市民運動「ネットデイ」を取り上げ、情報社会構築の歴史を辿るだけではなく、その中にどのように地域情報化の萌芽が起こ

[地図情報有り]
閲覧数1236 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/04/23 16:31
公開範囲外部公開
2014年04月23日(水) 

○東日本大震災における情報通信の現状

 岩手県釜石市では、東日本大震災で1200人を超す死者と行方不明者を出しましたが、その中で3千人近い小中学生のほとんどが無事に避難しました。多くの子ども達の命を守ったのは、巨大な防波堤でも最新の科学技術でもない、「津波てんでんこ(自分の責任で早く高台に逃げろ)」という古くからの言い伝えでした。ある中学校では、生徒たちが教師の指示を待たずに、隣接した小学校の児童の手を引いて高台に走ったことが、全員を無事避難させる最大の要因となりました。

 被災して数週間、現代社会を支えてきた情報通信基盤は

閲覧数665 カテゴリ防災・安心安全 コメント0 投稿日時2014/04/23 02:30
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 ]
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 11月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み