2016年10月28日(金) 
伊良部島北部にある白鳥岬は、広い空と水平線見渡せる気持ちのよい場所です。沖にはリーフが続いているので、常に白波がたっていて、それがまるで白い鳥が翼を広げているかのようにみえます。その様子が岬の名前となっています。

荒磯釣りのポイントとしても有名で、全国から多くの釣り人が訪れています。また絶好のシュノーケリングやダイビングのポイントで、この日は適度に波もあったので、サーフィンを楽しむ人がたくさんいました。

岬からは、海岸線の断崖づたいに遊歩道が整備されていて、南国の野草を見ることができました。ぼんやりと海を眺めていると「時計がいらない時間が流れる」という宮古島のキャッチコピーが体感できます。

素晴らしい観光資源がたくさんあるのに、比較的観光客と出会うことが少ない宮古島ですが、ここだけは特別に、人口密度が高く感じられました。しかし、みなさん実に優雅に休日を満喫しておられますね。

閲覧数413 カテゴリ日記 投稿日時2016/10/28 04:55
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み