2016年10月28日(金) 
起工から9年、伊良部島民悲願の「伊良部大橋」が、2015年1月に開通しました。全長3,540m(さんごの橋)で、新北九州空港連絡橋(全長2,100m)を上回り、通行料金を徴収しない(農道なんです)橋としては日本最長です。

この近辺の海は世界屈指の透明度を誇り、橋から見渡せる海も絶景すぎると評判。写真では表現できない素晴らしい美しさです。観光だけではなく、沖縄でも屈指の規模を誇る宮古島と伊良部島がつながることで、伊良部島民は交通だけでなく、医療や教育などの面で、おおきな恩恵を受けられます。

伊良部大橋は、島と島を結ぶので遮るものがなく、地平の果てまで青い海が見られます。交通量もさほど多くないので、ドライブしている気分はまさに最高です。絵の具のようなコバルトブルーの海は透明度が高いので、かなり深い部分まで透けて見えます。「ウミガメが泳いでる!」なんてこともあるそうです。でも、脇見運転はいけません!(笑)

この橋には路側帯もついているので、歩いたり自転車で渡ることもできます。3.5kmなのでゆっくり歩いても徒歩で1時間弱、自転車であれば30分程度で渡ることができます。絶景を眺め、心地よい風を感じられる自転車はとくにお勧めですね。自動車も途中2箇所に停車エリアがありますので、空いていたらちょっと止めて風景を満喫してください。

閲覧数806 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/10/28 06:16
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み