2016年10月29日(土) 
来間島は、ちいさいわりには食事や休憩ができるお店やおみやげショップが充実しています。どのお店も島の雰囲気にぴったりのこぢんまりとした居心地のよいお店です。

「楽園の果実」は、展望台のそばにあるカフェ。甘さたっぷりの宮古島のマンゴーを使ったパフェやスイーツが人気ですが、カレーや宮古牛を使った食事メニューも充実しています。食べ物から、洋服、小物まで揃うお土産屋も併設されています。

cafe「PANI PANI」は、来間大橋を渡ってすぐ右手に出現する南国らしい雰囲気に包まれた人気のオープンカフェ。スイーツはもちろんのこと食事も美味しいと評判。店内はすべてオーナーによる手作りでセンスよくまとめられています。島時間を満喫したい人には絶好のスポットです。

ハワイ、バリ、インド……etc。お店の中を見渡せばそこはまるで地球儀をくるくると回したような「美ぎ島雑貨 がじゅまる」。ドレスやバック、帽子、アクセサリーなど見ているだけで幸せ気分の雑貨が満載です。お土産にというよりかは、むしろ自分用に買い物を楽しみたくなるお店です。レディスだけでなくメンズも揃っています。

来間島には、ほかにもいろんなショップがオープンしていますが、そのほとんどが内地からの移住者。村の人たちとも打ち解け合って、いまでは立派な島人です。最近は、もともとの地元住民からも、新しいことに取り組んでみようという気運が芽生えてきました。

この日は、そんなプランのひとつ、「ヤギさんと歩く来間島サンセットウォーク」を体験させてもらいました。宮古島ではヤギを食用にする習慣があり、多くのお家でヤギを飼育しています。4歳のビンちゃんとその娘・1歳のクリちゃんとともに歩く来間島の小径は、なんともいい感じで癒やされる素敵なウォークでした。

飼い主のケンちゃんの事務所で、鎌倉出身の奥さんから見せてもらった不思議な道具。アクセサリーに使われる夜光貝に柄を付けたような形状。当ててみてと言われたのですがわかりませんでした。これはやかんとして使われていたもので、20年くらい前まで現役だったそうです。不思議な時間に包まれた来間島体験でした。

閲覧数931 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2016/10/29 07:09
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み