2017年03月24日(金) 
ことの発端は、掛川の早瀬さんから、「(できるだけコストをかけずに)QRコードを読み込んだら解説が流れる仕組みができないか」という相談。

最初は、YouTubeのコンテンツをQRコードにして、専用ソフトで読み込み、スマホで自動再生するアプリ「MovieQR」の利用を考えました。ところが、ほとんどの動画サイトでは、ユーザービリティの配慮から、自動再生時はミートになることから、解説の音声を自動再生することができないんです。ここで発想を変えました。

どうせ、音声操作が必要になるのであれば、一般のアプリでQRコードを読み込んで、URLをクリックしてコンテンツを表示させ、再生ボタンをタッチする。このわずかな手間をよしとすれば、地域SNSエンジン「OpenSNP」のムービー機能が使えることに気がつきました。
そこで早速、各コンテンツ毎にQRコードを生成して画面に表示するようにしました。

作成する人は、
①スマホなどで撮影した映像を、OpenSNPのムービーに[外部公開]で登録する
②登録されたページのQRコードを印刷して、適当な場所に貼り付ける

利用する人は
③貼り付けられたQRコードを、スマホやタブレットのアプリで読み込む
④出てきたURLをクリックしてコンテンツを表示させ、再生ボタンをタッチと、ビデオ解説が流れる

なんとシンプルな仕組みなんでしょう。作成されたコンテンツは、パソコンはもちろん、SNSサイネージなどでも再生できて、他のブログなどに貼り付けも可能です。これだけできて、開発費ゼロ、維持費ゼロ、利用料ゼロ。健康に気遣うビール好きにはピッタリの仕組みが完成しました。

発案は、展示物などのガイドをさせることでしたが、WiFiさえあれば、きっとさまざまな応用方法はがあるはずです。みなさまのお知恵をお寄せ下さい。

閲覧数220 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/03/24 11:08
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み