2017年06月10日(土) 
「電工」の出前講座を見てきました。技能五輪メダリストと指導者をお招きして沖縄工業高校で電工競技の実演がありました。

九電工の社員でもあるメダリストは50名以上のギャラリーの前で黙々と課題に取り組み、沖縄のこの暑い気候の中、バーナーを使って機材を加工し取り付けていきます。
効率良くてきぱきしたメダリストの動きにギャラリーも目がくぎ付けです。

会場の情報電子科に向かう途中途中に、校内で高校生100名くらいに挨拶されて少し恥ずかしかったです。

閲覧数261 カテゴリ技能五輪アビリンピック コメント3 投稿日時2017/06/10 15:22
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/06/12 07:20
    沖縄工業高校は大東亜戦争前からある、
    沖縄の製造業界に人材を送り続けている伝統校ですよね(^^)

    きっと在校生だけでなく、業界にとっても大きな刺激になると信じています!
    次項有
  • 2017/06/15 10:08
    > ゲリーリャさん
    コメントありがとうございます。
    ゲリーリャ課長のコメントに触発されて
    沖縄工業高校のことをネット調べたら
    最近は「沖工訓練」なるものがあり、あいさつ・社会人の規範を唱和し服装の乱れも確認しているとのこと。
    「沖工訓練」のねらい=>「凡事徹底」(日刊工業新聞2016年9月21日)。


    生徒たちは県外の大手企業にも多く就職しています。
    次項有
  • 2017/06/12 08:22
    私のおじさん2人も沖縄工業高校出身なので初めて校門をくぐったのにもかかわらず、親近感があります。

    卒業生や在校生の実績などが印刷された懸垂幕が校門正面にたくさん掲げられていました。

    レベルの高い全国大会が沖縄で開催されることで業界にとっても大きな刺激になると私も思います!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
やすりんさん
[一言]
2018年11月開催、技能五輪・アビリンピック準備室に異動しました…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み