2017年08月04日(金) 
宮古島市上野の砂川農園さんから送ってもらった宮古島産完熟マンゴー。今年は豊作の上に作柄もよく、独特の甘い香りととろける食感に優れた、とてもクオリティの高い果実でした。春の天候不順や収穫前の台風に見舞われた昨年が不作だったことで、マンゴーの木々がお休みしていた分、今年の美味しさにつながったようです。

さてさて、花咲カットして南国情緒を満喫したあとには、柿の種をどでかく平たくしたような白くて大きな種が残ります。誰でも「植えてみたい」という衝動にかられるようですが、美味しい実をつけるまでは保証外ながらも、寒さに気をつけてやれば本土でも育てられるみたいです。

ただし、外国産のマンゴーは、カビを防止するための薬剤が塗布されているため、種を植えても発芽しないそうです。種から芽が出ないようなものを口にいれているなんて考えるたけでぞっとしますが、これはマンゴーに限ったことではありません。宮古島のマンゴーは、出荷はそのままで、栽培はほぼ無農薬。なんの心配もなく頂けました。

マンゴーは生命力が強いので、まず水を張ったグラスに種を浮かしておいて、1~2週間発芽を待ちます。発芽したら、大きめの鉢に水はけの良い果樹用培養土を入れて、そこにやさしく定植してあげるつもりです。夏の間は、観葉植物として育ててあげましょう。

気温が10度以下になるとダメージを受けるので、11月になればおうちにいれてあげます。6~7年で実が付くかも...気長に楽しみましょう♪

閲覧数66 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/08/04 15:33
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/08/04 19:27
    ネギさん
    姫路マンゴー⁈
    成長日記楽しみにしています^_^
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み