■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://yuiyui-sns.jp/blog/blog.php?key=3730
2018年03月09日(金) 
みなさん、こんにちは!
お久しぶりです。

つい先日まで、地元北海道へ帰省していましたチャオです。
2月25日~3月6日の10日間程、冬の北海道へ行ってきました~

前半は、実家のある札幌で過ごし、部屋の大掃除をして、本格的に沖縄へ拠点を移す準備をして、断捨離を行いました~出てくる出てくる懐かしいものたち(昔、書いた作文やら友達と撮った写真、卒業アルバム等々)
結局、過去の思い出は段ボール2箱にすっぽりと収まりました。

過去を振り返る度に、いつも、昔の自分は今の自分を想像できなかったなあーと思います。将来を知りたいと思う反面、将来が見えないからこそ、常に選択を迫られ、選ばなければいけない。そして、その選んだ結果が正しいのか、間違っているのかは、この世を立ち去る時までわからないんだろうなあ~と思いました。協力隊卒業まで、1年を切ろうとしている今、僕は「農業」をやろうとしている。

「パイン栽培×養蜂×狩猟+家庭菜園+旅(視察)」

今の自分が挑戦したいものを、全て凝縮したカタチ。

このカタチを3年以内で完成させたい!

今年は、このカタチをつくるための第一歩にさせたい。

中半は、大学4年間を過ごした釧路(札幌―釧路間:約300km)へ。釧路で暮らす祖父母、釧路に残る後輩や大学院卒の同期、お世話になったゼミの先生に再会してきました~
今年の4月より、院卒の同期は北海道で教師となり、ゼミの先生は滋賀の大学へ転勤されるとのことで、釧路へ伺うタイミングとしてベストだったのかなと思いました。
再会した瞬間は、2年前から時間が止まっているように感じながらも、お話をすると、そこにはお互いがそれぞれ歩んできた2年間という時間があって・・・少しずつではありながらも、いろんな意味で大人に近づいているのように感じました。

世の中のあらゆるモノは、時間がカタチを変えたもの。
この限られた時間を、いかに活用して、自分の人生をつくっていくのか。
効率よく活用し続けるには、ひたすら行動し続けるしかない。
短い釧路の帰省の中で、様々なことを考えさせられました。

そして、釧路から札幌へ戻る帰路で、冬の北海道の洗礼を受けるのでした。
まさかの全道各地で暴風雪警報が発令され、数年に一度の大荒れ(吹雪や地吹雪)に見舞われました。北海道のど真ん中にある山脈をまたぐ全ての道路(高速道路や下道)が通行止めとなり、陸の孤島となり、脱出を試みるも地吹雪によるホワイトアウトに巻き込まれ、Uターンを余儀なくされ、近くの町で宿泊した。翌日になっても、通行止めが解除されることもなく、峠の下道が開通したのは、午後だった。雪国の恐ろしさをこの短期滞在のうちに味わうことになるとは・・・改めて、沖縄の住みやすさを実感しました(笑)

後半は、地元札幌で、幼馴染や高校の部活仲間、小中学校の友達と約10年振りの再会をして、お互いの近況のお話をしながら、過去の思い出話に花が咲きました~!久しぶりの再会のはずでも、昔と変わらない話しやすさに温かさを感じる時間となりました。

自分的には、かなりゆったりとした帰省にするはずが、思っていたよりもドタバタな帰省になりました~

閲覧数161 カテゴリ日記 投稿日時2018/03/09 11:40
公開範囲外部公開
■プロフィール
チャオさん
[一言]
はじめまして。チャオです。 これからよろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み