2018年05月22日(火) 
土を耕し、畝をつくり、マルチを敷く。

まさか、こんなにも大変だとは・・・。

鍬一本と自分の身体一つで、土と向き合った。
固い地面に、力いっぱい鍬を入れるも、掘れるのは、ほんの少し。

自分の力不足と体力不足を思い知った一日でした。
梅雨のはずの沖縄で、じりじりと照らし続ける日差し。

「あえて、一から畑を耕してみようか。」という農家さんの声から始まり、僕も快く引き受けた。

本当に、農業を甘く見ていたことを実感した。
今まで、お手伝いしていた部分(収穫や苗取り)は、楽しいところだけをかいつまんでいたんだなあ~と思いました。
もっと大事な土台作り(土づくり等)をやってこなかった。

もちろん、機械を使えば、何倍も効率よく作業をすることができる。しかし、土の固さや畑の特徴を感じにくい。つまり、機械を扱う前に、畑の仕組みから学ばなければ、機械の扱い方が分かっていても意味がない。

「自分の手で畑を耕したこともない人が、いきなり機械を扱うと、それに頼りっぱなしになり、何かあっても自分で対処できなくなるし、機械を雑に扱ったりするんだよ。自分で手で耕したことがあるからこそ、機械のありがたみが分かるんだよ。」

農業初心者の僕にとっては、一つひとつが勉強になった。昔は、機械がなかったからこそ、知恵を絞り、馬や牛を使ったりと、「今、手元にあるものでいかに対応するか。」ということを常に考えなければなかった。

良いのか、悪いのかは分からないけども・・・
ある意味、人が何かを考える機会は少しずつ少なくなってしまっているように感じました。
良く言えば、機械が全てやってくれるようになり、楽になった。
悪く言えば、人が考えなくなり、機械が考えるようになり、人は機械がないと何もできなくなってしまった。

閲覧数241 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/05/22 13:45
公開範囲外部公開
■プロフィール
チャオさん
[一言]
はじめまして。チャオです。 これからよろしくお願いします。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み