2018年10月23日(火) 
知事の公約に
「新たな基金の創設により、自治会や老人会、婦人会、青年会、こども会など地域を支える団体を支援するとともに、地域を支える人材を育成します」

とありまして、基金創設の研究をすることになりそう。(お隣の班でね)
既存の基金としては、沖縄県対米請求権に基金を使っての地域振興はすでに1980年代から実施しており、目的もやってることも、公約に沿っていると思われ。これと違う基金を創設するってことなのか?
(詳細は、沖縄県地域振興協会のHPを参照のこと)
http://oflp.jp/

そもそも、支援するとあるけど、自治会等の支援は、市町村でもその役割があり、県としての支援ってどうあるべきかって議論もありそうです。

アイディアとしては、ガバメントクラウドファンディングなるものに取り組むのもありかなと。沖縄県のふるさと納税は「美ら島ゆいまーる寄付金」として取り組んでいますが、もう一つ、使い道が見えてこないところがあります。(調査能力不足かもしれませんけど。)
新たな基金を創るといっても財源もありませんし、いっそ、自治会等の課題をプロジェクト化して、寄付を募る(募るところを県が支援)ってのもありかなーと。以下、参考になるHPです。

https://clip.zaigenkakuho.com/crowdfunding_local_go…nment2018/

閲覧数44 カテゴリ日記 投稿日時2018/10/23 13:54
公開範囲外部公開
■プロフィール
モトナガさん
[一言]
3年ぶりに離島振興の担当に戻りました。ゆいゆいSNSも再開。
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み