2019年02月25日(月) 
50~60年代の古き良き時代のアメリカを再現したアメリカンレストランが、普天間基地近くにある「サムズカフェ」。
映画「アメリカングラフィティー」に出てくるような雰囲気のカフェレストランです。

昨日は、大学時代からの親友・当間さん夫妻と食事会で、二十年前の「ネットデイ沖縄」の話題などを愉しみながら、本格的でおいしいアメリカンステーキを頂きました。

入店してすぐは「こんな明るさで食べるの?」といぶかるくらいの照明。すこし慣れてくると、間接照明やテーブルのライトが素敵なムードを醸し出してくれます。
本土ではなかなかこんな雰囲気のレストランなんてありません。

サムズカフェはステーキセットがメニューのメイン。
スープにサラダ、ライス(パン)とステーキのコース料理で、どれもかなりボリュームがあります。
ステーキの種類も豊富で、肉好きの人でも十分に満足できます。

ガツガツしていた学生時代を思い出して、当間さんと注文したのが「特選リブロースステーキエキストララージ」(2,500円)。スープにサラダにステーキとライス。かなり..いや相当にボリューム満点なコース料理です。

エキストララージサイズが何グラムか質問してくるのを忘れましたが、1ポンド(約450g)近くはありそう。かなりビッグ‼ 
味もボリュームもアメリカンで、赤身肉のおいしさが口とお腹いっぱいに広がります。

しかし還暦を過ぎた御身には、あまりにステーキが大きく、当間さんは苦労しながら残り数十グラムでギブアップ。
こちらはライスも含めて(オリオン生もジョッキ3杯)完食。
圧勝でした♪

あとで奥さんから「あんなに食べてアホちゃう!」と賞賛を頂いたものの、今朝は胃がもたれてちょっと苦しい!。
やっぱ年齢を考えてオーダーするんだったと反省。
当間さんは自制ができる大人になってえらいな~♪(笑)
沖縄出張も折り返しとなりました。

閲覧数158 カテゴリ日記 投稿日時2019/02/25 16:45
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 02月25日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み